カラコンの種類を知ろう

カラコンについての情報がいっぱい

このサイトでは「乱視でも安いカラコンをつかっても大丈夫?」という疑問や、ハードコンタクトレンズとの素材の違いなどについて幅広く紹介しています。
近年、人気が高まっているアイテムですが、乱視や近視の人も使えるのでしょうか。
「購入前に眼科に相談した方がいい?」や「乱視対応のワンデータイプもあるの?」なども知りたいところです。
おしゃれアイテムとしてだけでなく、視力矯正のコンタクトレンズとの差を知って、正しく使っていきましょう。

カラコンとハードコンタクトレンズの素材の違い

カラコンとハードコンタクトレンズの素材の違い カラコンもコンタクトレンズの仲間ですが、従来のものとはどんな違いがあるのでしょうか。ここでは素材の違いを見ていきましょう。 古いタイプのハードコンタクトレンズは素材自体が酸素を通さなかったため、目に負担が大きく、現在はあまり使われていません。それに代わって登場したのが「酸素透過性のハードコンタクトレンズ」です。酸素を通すので目が呼吸できて、やさしい作りになっています。 ソフトコンタクトレンズにはレンズが水分を含む「含水タイプ」と、いま流行りの「シリコーンハイドロゲルタイプ」があります。シリコーンによって酸素透過性が高くなり、耐久性にも優れています。 カラコンのレンズのほとんどはソフトコンタクトレンズなので、「多くの水分を含む」「酸素透過性が高い」という特徴になります。カラコンを選ぶ時は、色やフチの有り無しだけでなく、レンズの素材もチェックすることで、より快適に使えるようになるでしょう。

カラコンの素材の種類と酸素透過性について

カラコンの素材の種類と酸素透過性について 私たちが生活を送る上で重要な情報に視覚があります。視覚とは、目から入ってくる情報をさします。私達の体は、目の他にも耳や鼻、あるいは皮膚などで様々な情報を得ていますが、その中でも、一番多い情報を与えるのが視覚と言われています。視覚は目を通して得られます。具体的には、まず角膜を通して中に入り、目底部の視神経に画像が投影される事により視覚として感じられます。その仕組は、1種のカメラのようなものですし、目の構造もまさにカメラのようになっています。一番前の所にレンズがあり、後ろに先程話をした視神経が広がるところがちょうどカメラのフィルムのようになっています。この視神経のある所に綺麗な像を結ぶことによって、私達はクリアに画像を得ることができます。しかし、様々な理由で目の調子が悪くなると、画像がしっかりと結ばれない場合があります。そのような際には、メガネやコンタクトレンズを使います。コンタクトレンズの中には、色が付いていてファッション性があるものもあります。色が付いているものをカラコンと呼びますが、カラコンの素材としていくつかのものがあります。それぞれの種類によって、酸素の透過性も違ってきます。その中でも、高分子ゲル素材を使ったのものが一番酸素透過性が高くなっています。

カラコンについて詳しく知ろう

シリコンハイドロゲル カラコン

Copyright © 2018 カラコンの種類を知ろう All Rights Reserved.